オーナー様にに向けて | 管更正・管更新・建設工事・土木工事・管工事一式・リフォーム

お気軽にご相談・お問い合わせください

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

TOP > オーナー様にに向けて

オーナー様にに向けて

資産価値とは

メンテナンスの必要性

なぜ配管・給水管のメンテナンスをするのか
近年は水道水の水質が向上したとはいえ、微量の不純物が含まれています。それが管内に付着し、配管の腐食、劣化を引き起こします。普段、目にすることができない給水管は、時間とともに汚れていきます。「水が臭い!」「洗濯物に色が付く!」「変な味がする! 」等、様々な問題は経年劣化によるサビや水アカが引き起こしているのです。 また、食生活の多様化により、油や食事カスが流される事で水の汚れや劣化、配管詰まりや漏水も引き起こすのです。漏水が起きると、修繕する為の費用は計り知れない為、そうなる前にメンテナンスが必要となります。
例1・劣化した配管
メンテナンスの本当の目的
配管・給水管のメンテナンスはお客様の大切な資産である建物を長持ちさせる為あることはもち ろん、「給水管を長持ちさせる」、「水漏れ防止」、「水質の確保」等を実現する為に非常に重要 です。将来を考え、お客様にあったメンテナンスをご提案します。
例2・劣化した配管
配管・給水管の定期点検
築後15年を目処に、配管全体の老朽化具合をチェックする「劣化診断」の実施をお勧めします。 点検のポイントは給水ラインの弱点を探ることです。給水ラインの最大の弱点は、異なる金属 が多く接触する水道メーター廻りで、10年足らずで漏水に至るケースもあります。 その他、様々な要因により給水管は劣化していきます。資産価値を守る為にも定期点検は重要 です。
例3・劣化した配管

チェック・メンテナンス

劣化度チェック

check赤水・漏水・流量不足・水質不適 etc...
排水管は築20年~30年が目安!

劣化度チェック

鋼管の劣化を進行させる最大の原因は"安全な水"にするために投入される塩素系の薬剤です。水道を一定期間使わなかった際、久々に蛇口をひねると、白く濁った水が出てくることがあります。これは、鋼管の表面が腐食して亜鉛メッキなどが溶け出したことが原因です。さらに進行していくと、鉄錆が混じるようになり、黄色味を帯びた水に変色し、最後には赤水となります。これを放置し、腐食が進むと表面にできたさびが張り出して瘤をつくり、水が流れにくくなったり、鋼管に穴が開いて漏水を引き起こします。給水管・給水設備のチェックは、安全な水の給水の持続、大切な資産を守っていくうえで重要です。 弊社では、給水管の定期的な点検をおすすめしております。

メンテナンス・劣化診断のポイント

竹内工業株式会社のメンテナンス・劣化診断は、経験豊富な担当者が、給水設備の各種機器の稼動状況、配管の傷み具合をすみずみまで点検します。

メンテナンス・劣化診断のポイントイメージ
配管・給水管
配管に異常がないか目視で点検します。状態によっては「サンプリング」を ご提案し、内部のサビの確認をおこないます。
サンプリング
配管を一部切り取り、切り取った部分からファイバースコープ等の器具を使って、配管内部を調査します。
切り取った配管の状態を調査し、改修提案致します。
※詳しくはお問い合わせください。